since 2016.04.01



人と人との「絆」・・・時代を作ってきた大切なものを、次の世代へと引き継いで
いきたい・・・我々は「鉄道」の分野からお手伝いさせて頂きます


【9月度 SL定期保守 実施致しました】
 9月6日(日)に実施致しました。台風10号が接近するという状況の下、果たしてメンバーが集まってくれるのか心配していましたが、蓋を開けてみれば9名の皆さんに参加頂きました。
 朝のうちは風も穏やかで雨も全く降らず。「よし、午前中でケリをつけよう」と直方市石炭記念館へ乗り込み、C11とコッペルの作業を手早く実施。終了後にはY館長から冷たいお茶の提供があり、乾いたのどを潤しました。館長有り難うございます!
 次に直方いこいの村へ移動。D51はパッと見にはキレイだったのですが、よく見るとあちこち傷みが。「チョット傷んでるなぁ~」と思った矢先「あっ!」という声とともに「カラン」というイヤ~な音が。
 まさかと思い駆けつけると、炭水車の配管が落ちてました。掴んだら根元から取れて落下したそうで、幸いケガもなく事なきを得ましたが、デゴイチ君は「診察」と「治療」が必要なようです。
 汽車倶楽部に戻ってしばし休憩の後、ラストスパートでキューロク&ロクイチの磨き作業。ちょうど正午ごろに全作業を終了する事ができました。「お疲れ様、解散!」と言った瞬間に雨がポツポツと落ちてきて、風も少しずつ出てきました。本当にギリギリだったと思います。
 参加頂いた皆様、お疲れ様でした&有り難うございました。

 次回は10月4日(日)「芦屋・中間コース」です。
2020.9.12更新
(画像をクリックすると、これまでの活動をご覧頂けます)

第53回 Nゲージ定例運転会 開催しました
 台風10号が接近、それも「猛烈な台風」という事で「これは誰も来てくれないのでは?」と思っていたのですが、甘かった・・・親子連れを含む5組の皆様が車両持込走行に参加。また見学の方も親子連れなど数組の皆様にご来場頂きました。
 午前中は台風が近づいているとは思えないくらい、曇り空ながら穏やかなものでした。気温もさほど上がらず、皆さんまったりとした時間を過ごせたのではないかと思います。
 このまま夕方まで開催出来れば良かったのですが、台風の影響で帰宅出来なくなったりしたらマズイので、12時30分を以って終了とさせて頂きました。
 運転会が終了し、会場の片づけを終えた頃から少しずつ風も強まりはじめ、雨もポツポツと落ちてきましたので、終了のタイミングとしては良かったのかな、と思います。

 次回は10月4日に開催予定、先日からの予告通り、車両持込走行の利用料体系が変更となりますので、運転会案内のページをご一読下さります様宜しくお願い致します。
【10月以降の運転会についてお知らせ】
車両を持込走行されるお客様、利用料改定についてお知らせがあります。
下記画像をクリックして該当ページの記載内容をご確認お願い致します。
2020.9.12更新
(画像をクリックすると、これまでの活動をご覧頂けます)

 【D51 10 保守整備について】
 9/20(日)に実施致しました。2日後に「ボイラー組立」の一大イベントを控え、準備も最終段階に。機体の修復作業もそこそこに、周辺の環境整備を中心とした作業になりました。
 「ナメクジ」のゆえんでもある、煙突後部のカバー(給水温め器&蒸気溜め)は何と、ユニックを使い「模型館2」の屋根上に!(笑)
 あとは、当日の作業が少しでも円滑に進むよう、3年半の間にだいぶ散らかったバラストを元通りに寄せたりして当日に備えました。
 次回は10/18(日)、ボイラーがひとつになった姿での作業は初めてとなります。さて、その姿を見てメンバーは何を思うか・・・


【ボイラー組立作業、無事に完了致しました】
 9月22日(火・祝)、予告通り作業を行い無事に終了致しましたので、ここにご報告申し上げます。2017(平成29)年に当倶楽部へ移設して以来、実に3年半ぶりです。
 作業にあたられたクレーン業者の皆様、支援頂いた汽車倶楽部・保存会メンバーの皆様、お疲れさまでした。
 また、当日は新聞4紙(朝日、西日本、毎日、読売)の記者様が、急なスケジュール変更にも関わらず来場取材、翌23日の紙面を飾って頂きました。
 修復作業もようやく一つの節目を迎える事が出来ましたが、まだまだこれからも続きます。なるべく早く、美しい姿を取り戻して皆さんにご覧頂きたいと願いながら、今まで通り地道に活動を続けて参りたいと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
2020.9.26更新

2020年6月21日時点のD51 10号機。気が付けば修復着工から3年が過ぎました・・・
(画像をクリックすると、これまでの活動をご覧頂けます)

【直方市立小学校3年生 社会科見学】
 『石炭と鉄道のまち直方』というテーマで直方市石炭記念館と汽車倶楽部を見学する内容で、平成24年から始まり、同26年からは「授業カリキュラム」として市内全11校で実施しています。
 移動には全国で1台だけの、公道を走れる「国鉄バス」を使用しています。

 令和2年度につきましては、コロナウィルス感染症の影響で小学校が長期休校を余儀なくされた事もあり、実施を希望される学校様のみを対象に、内容も一部変更して実施の予定です。
 これから各学校様とのスケジュール調整に入りますので、決まり次第別途ごあんないさせて頂きたいと思います。このような状況ではございますが、どうぞ宜しくお願い致します。
2020.9.12現在
(画像をクリックすると、これまでの活動をご覧頂けます)

<CONTENTS>
各ボタンをクリック頂くと、それぞれのページへ移動します
御挨拶
理事長挨拶
当倶楽部の理念/主旨など
保存・保守活動
当倶楽部のメインとなる活動
2020.9.26更新
社会科見学 (直方市小学校)
教育・文化面での協力活動
 
写真部活動
鉄道写真「昭和のシルエット」  
 
模型部活動
Nゲージ/HOゲージ鉄道模型
2020.9.12更新
ミニ鉄道部
5インチゲージ乗用鉄道模型
 
イベント (主催/協力)
当倶楽部主催/協力イベントの紹介
 
自治体視察ほか、訪問の方をご紹介
 
メディア取材
テレビ/ラジオ番組のロケ取材など
 
向野敏昭氏 メモリアル
平成27年逝去の元・直方市長。
当倶楽部の活動もこの方のおかげ。
交通アクセス (来場方法)
当倶楽部への来場方法を紹介。
(公共交通機関/マイカー)
入会のご案内
主旨に賛同、「会員」として活動を支援
頂ける方を募集致しております!
 
活動情報をタイムリーにお伝えすべく開設致しました。SL定期保守や鉄道模型定例運転会、イベント情報などご紹介させて頂きます。皆様の交流の場となり、当倶楽部の活動が盛り上がるキッカケとなれば幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。
 
アクセスカウンター
 
名 称 特定非営利活動法人 汽車倶楽部
所在地 〒822-0002 福岡県直方市大字頓野550番地1
TEL  0949-26-9600
FAX  0949-26-8774
E-Mail  jnr-59647@kisyaclub.gr.jp
  ※悪質メール対策の為「画像」として処理してあります
    初めてメールされる際は、お手数ですが手入力でお願い致します

【LINK】
バナーをクリックして頂きますと、それぞれのホームページが別ウィンドウでご覧頂けます。

<直方市>
直方市立小学校 社会科見学(3年生、11校)
<直方市観光物産振興協会>
のおがたチューリップフェア
<遠賀郡芦屋町>
D60 61の定期保守(偶数月)
<中間市>
C11 260の定期保守(偶数月) 
       
<玖珠町観光協会>
9600形29612号機の修復記録
<九州鉄道記念館>
イベントにて国鉄バス展示
<直方市石炭記念館>
コッペル32/C11 131の定期保守(奇数月) 
<九州レイルウェイショップ>
NPO法人汽車倶楽部の活動を応援!