保存会(実車)のページ

令和2年11月10日 編集
 当倶楽部は、実物の鉄道車両や設備、及び映像/写真/音源/書籍資料などの鉄道に係わる有形および無形物を「鉄道文化財」として位置付け、これらを次の世代へ引き継ぎ 伝えていくために収集・整理・修復・保存する活動を行っている団体です。
 現在は、敷地内に9600形59647号機/C61形18号機(前頭部)を静態保存、平成29年3月には行橋市よりD51形10号機を移設、現在も修復作業を行っています。更に、令和2年11月には熊本県高森町よりC12形241号機を移設致しました。
 また、D51形225号機(直方市)/D60形61号機(芦屋町)/コッペル32号機(直方市)/C11形260号機(中間市)/C11形131号機(直方市)を修復し、これら車両は当倶楽部の修復済静態保存蒸気機関車と共に「定期保守管理」を実施しています。
 それ以外では9600形29612号機の修復・移設(志免町⇒大分・玖珠町)やアルコ23号機(鞍手郡小竹町)の修復を行うなど、少しずつ実績を積み上げております。
 また、国鉄バス(=国鉄時代のオリジナルカラー車)1台を「動態保存」し、小学校の社会科学習や各地イベントでの展示/体験乗車会などで活用しています。

 直方市小学校の3年生を対象にした社会科見学「石炭と鉄道のまち直方」は、平成26年度から授業カリキュラムとして全校実施となりました(令和2年度はコロナの影響で一部の学校のみ実施)。
 平成28年3月には鉄道模型を趣味とするメンバーで「模型部」を立ち上げ、毎月第一日曜日に「鉄道模型公開運転会」を開催しているほか、組立式のNゲージジオラマレイアウトを使用して各地での鉄道模型イベント等も開催するなどしています。
 平成30年4月には5インチゲージの乗用「ミニSL」を趣味とするメンバーで「ミニ鉄道部」を立ち上げ、こちらもイベント等での活用を図っています。

 このように、少しずつではありますが着実に活動の幅を広げております。
 活動の主旨に御賛同頂いた方が「会員」となり、年会費を納めて頂く事で活動を維持しておりますが、これまで以上に活動を盛り上げて行く為にも、ひとりでも多くの方々にご賛同・ご参加頂きたく宜しくお願い致します。

 <CONTENTS>

開業済 管理車両 当保存会で定期的に保守・管理している車両です。
現在、7両の蒸気機関車(うち1両は前頭部のみ)が対象です。
開業済 保管車両 将来的に上記「管理車両」の仲間入りをすべく「保管状態」にある車両を御紹介致します。
開業済 定期保守 毎月「第一日曜日」に行っている、上記「管理車両」の定期保守の様子と、次回作業の予告案内をお伝え致します。
開業済 コッペル32 直方市石炭記念館に静態保存されている蒸気機関を、約2か月かけて修復しました。現在は「管理車両」として定期的に保守作業を行っています。
開業済 C11 260 中間市・垣生公園に静態保存されている蒸気機関車を、約5か月かけて修復しました。現在は「管理車両」として定期的に保守作業を行っています。
開業済 D51 225 直方いこいの村に静態保存されている蒸気機関車を修復しました。 第1期・・・平成25年11月   第2期・・・平成26年9〜10月
開業済 D60 61 遠賀郡芦屋町に静態保存されている蒸気機関車の修理を平成28年10月に実施致しました。
開業済 C11 260 -part2- 中間市・垣生公園に静態保存されている蒸気機関車の修理を平成28年11月に実施致しました。
開業済 D51 10 -移設編- 行橋市民会館前で静態保存されていた蒸気機関車を、平成29年3月に当倶楽部へ移設致しました。
開業済 C11 131 直方市石炭記念館に静態保存されている蒸気機関車の修理を平成29年9月〜30年3月にかけて実施致しました。
開業済 アルコ23 小竹町総合運動公園に静態保存されている蒸気機関車及び砂運車の修理を令和元年7月〜10月にかけて実施致しました。
開業済 C12 241 ようこそ直方へ、C12 241!
南阿蘇鉄道・高森駅前で静態保存されていた蒸気機関車を、令和2年11月に当倶楽部へ移設致しました。
開業済 国鉄バス 昭和61年製のいすゞキュービックで、国鉄時代の仕様/形態を保っている動態保存車両です。

 
蒸気機関車9600形 59647号機(静態保存)といすゞキュービック 国鉄バス(動態保存)
国鉄バスは外装修復を行い、ご覧の通り美しい姿となっています(H26.4.12撮影)

HOME